2010年07月17日

すみだ→制作部→美術部

ご愛読ありがとうございます。

さて、今回舞台となる2Fの空き家の掃除掃除の毎日が終わり、昨日から美術部に渡りました。

映画の制作部の仕事は、物件を見つけることそれ以上に、近隣との関係をきちんと築けるかどうかが力の見せ所。

しっかりと挨拶をし、なんとか町になじんで来ました。


というのも、僕らスタッフ以外に、近隣のお父さん達が、来ては去り、また来ては、去って行きます。ついには、猫や、子供までもが侵入してきました。

なんとも微笑ましい出来事でした。

また、夕飯時になれば、差し入れを頂くなど本当に感謝感謝です。


そして、外に出れば、家族が花火をしています。


僕がこの町が好きな理由は、この「空気」が大好きなんです。
それは、幼い頃感じていたぬくもりのように暖かい雰囲気と言えばいいのでしょうか?


きっと僕が映画で撮ろうとしているのは、こうした空気なのかもしれません。


制作部として大切なのは、その空気を作り出す為に地域との関係を築き、土台を作り上げること。そう教えられた僕は、今日やっと一仕事終えました。

本日から、美術部が部屋を飾り始めます。


いったいどうな風に変わるのやら。

楽しみです。

P1010091.JPG

P1010084.jpg

P1010082.JPG








posted by 小林 at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

監督帰国inオセロ

ご愛読ありがとうございます。

7月下旬にインする予定なのに、ずっと映画の興行のためにフランスに行っていた監督が帰国しました。

これから打ち合わせの嵐がやってきます。

セット打ち合わせ、ロケ地、衣装、小道具、キャストさまざまな打ち合わせの嵐。

今日から3日間が勝負です。頑張ります。

こちらが小林印刷。

P1010055.jpg

P1010150.jpg



そして、ご主人達。

P1010115.JPG

P1010154.jpg

そして、印刷所の向かいの家。

P1010080.JPG

こちらの物件は、8月に解体されてしまいます。。。。残念。


記録映画としてもいい作品をつくりたいです。








posted by 小林 at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

すみだ+青年団+映画スタッフ=墨田区ご当地映画

ご愛読ありがとうございます。

さて、墨田区のご当地映画のスタッフがすべて揃いました。
総勢18人のスタッフ、15名以上のキャスト、そしてエキストラ50名以上。

低予算にも関わらず、それなりの規模になってしまって反省している僕です。


今回の映画は、墨田区の地域の方々、印刷業の方々、青年団スタッフ、そして映画スタッフが一同に介して作品作りに励みます。

青年団は、舞台関係の方々ならご存知だと思います。
平田オリザさん率いる舞台集団です。
この青年団に所属する方々は、みな多彩な方が多く、俳優をやりながら小道具等の制作もしてしまうすばらしい方々の集まりです。今回は、俳優部と美術・装飾で参加して頂きます。


舞台にしても、映画にしても、すみだの産業にしても、もの作りが大好きな人々が集まりました。


これから怒濤のような忙しさになりますが、1日1日を大切に頑張って行きたいと思います。よろしくお願いいたします。




posted by 小林 at 09:52| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。