2010年08月30日

夏の終わりに墨田区ご当地映画を思う:その3

ご愛読ありがとうございます。

すみスタオセロのペンキ塗りが一段落し、もう少しで完成マジか?です。

さて、本日の写真は、

7月25日(日)晴れ

いつのまにか撮休の写真。

現場中が忙しく、ブログの為の写真を撮影していなかった自分を反省しています。

この日は、盆踊りが八広であり、

DVC00075.JPG

みんなでバーベキューをしたり、
さまざまな地域との交流がありました。

特に一番うれしい写真はこれです。

DVC00074.JPG


墨田区でのご当地映画をなぜやるのか?
なんで墨田区だけにしぼる必要があるのか?

そんな質問の一つの答えがここにあります。
スタッフと地域の子供達との交流。

こうした交流のきっかけに映画がなってくれることを僕は本当にうれしく思います。

DVC00076.JPG

さあ、休みも終わり、明日からまた撮影。

DVC00080.JPG


がんばろう。

そう思ったことを覚えています。






posted by 小林 at 11:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

夏の終わりに墨田区ご当地映画を思う:その2

ご愛読ありがとうございます。

この暑い中空調設備の投資に躊躇している僕です。

さて、今日の写真はと、

7月19日(晴れ)衣装合わせ

今回の映画の役者さん達の衣装合わせ。

そこに小林印刷の子供役のえり子ちゃん登場。
と、すぐ近所のまさとなお君と始めてのご対面ですぐに友達に。

DVC00071.JPG


この年の頃にこんな写真をよく撮ってもらっていたのを思い出しました。

そしてこちらが当日の衣装合わせの写真。

DVC00072.JPG

みんな準備準備に追われていました。
建物の2階に上がると、
一日一日と必死に準備している美術部が懸命に建物に命を吹き込んでいました。

こちらは主人公達の部屋。

DVC00077.JPG

そしてこれが流れ者の加川が一時滞在する部屋。

DVC00078.JPG

そしてえり子ちゃんの部屋。

DVC00079.JPG


こういうがんばりが、ひとりひとりに伝染をしていきます。


本当にありがとう美術部さん


と思ったことを思い出しました。

さて、もうすぐクランクインだったはずです。

ではでは。












posted by 小林 at 21:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

真夏日の終わりに墨田区のご当地映画を思う:その1

ご愛読ありがとうございます。

この真夏日に、クーラーなき部屋で、扇風機をかけずに寝て、夏バテになり、自分にお盆休みだと言い聞かせて
ココ何日か休んでいた僕です。

さて、電車で携帯を落とし、今回の墨田区のご当地での映画の記録写真がなくなり、落ち込んでいましたが、
千葉駅にて回収し、ひさしぶりに映画の撮影の日々を回想しています。


写真というのは、不思議です。


写真を見ると、瞬く間にさまざまな思いがよみがえってきました。
一日では語ることができないので、何日かにわけて回想して、自分なりに反省していくつもりです。


7月18日(土)晴れ

あ、小林家のお孫さんがロケ地の現場に遊びに来ました。
美術部のスタッフが「かわいい」と聞いて喜んでいるのを覚えています。


DVC00067.JPG

小林印刷の小林さんがお孫さんをやさしく見守っています。

DVC00069.JPG


ここを訪問した後、小林さんは昔、この池田邸のお父さんにいろいろお世話になっていたことを話してくれました。
そして、なつかしそうに部屋を見渡していたのを覚えています。

そしてこの写真。

DVC00070.JPG


八広に住むガーナ人達と喧嘩の写真。

うそです。映画の出演交渉が決定し、一緒に飲んで、内のスタッフが腕相撲しています。
ここに住むパトリックが片言の日本語で僕に

「お金よりも、心が大事。」と言ったことは印象に残っています。


やっぱり、一日では語ることは出来なさそうです。
今日はこの辺でさようなら。

明日は、すみスタオセロの改築最終です。がんばろ。









posted by 小林 at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。