2010年09月21日

すみだ撮影所→SUMIWOODへ

ご愛読ありがとうございます。

さて、やっと第2段階を迎えました。


着想から5ヶ月。


すみだ撮影所がSUMIWOODに合併されます。

墨田区+HOLLYWOOD=SUMIWOOD(すみウッド)
http://www.sumida-seisakujo.com/


また、これから営業の日々です。
一歩一歩がんばります。



第3段階はいつになるやら。。。。


がんばります。
posted by 小林 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝:墨田区ご当地映画「歓待」東京国際映画祭ある視点上映決定

ご愛読ありがとうございます。

さて、墨田区ご当地映画「歓待」が来月下旬に行われる東京国際映画祭のある視点部門に上映が決まりました。
http://www.tiff-jp.net/ja/

クランクアップから1ヶ月。

なんともうれしいお知らせです。


墨田区の多聞寺の「映画人の墓」に眠る諸先輩方々が、この夏の猛暑に地域住民と一緒にスタッフ、キャストが一緒にがんばった
ご褒美にこういった名誉をくれたのかも知れません。


これからは、墨田区での上映会に向けて準備準備です。


がんばります。



posted by 小林 at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

夏の終わりに墨田区ご当地映画を思う:ラスト

ご愛読ありがとうございます。

この雨で、打ち合わせが二つなくなり、経理に追われる僕です。

さて、残りの写真も数が少なくなってきました。

というより、今日気がついたのですが、クランクアップはうれしくて一枚の写真をとっていない。。。
そんでもって打ち上げの隅田川花火大会も飲んだくれて記憶がない。。。


ということで、後日談です。


それがこの写真

8月1日(月)

DVC00089.JPG



この撮影場所は、いろんな思い出がありました。
というのも、クランクイン前。
小林印刷での撮影が可能になり、実際での撮影を考えると、スタッフのベースがない。。。
また、役者の控え室もない。。。駐車場もない。
等数々の問題が。

と、すぐ横に空き地がありました。そんでもって空き地の隣のこちらの空き家をみると、なんと
かつておもちゃ工場だったらしく広大な敷地でした。


そこで、撮影に貸してくださるかどうか聞いてみると、僕らの撮影予定日には
解体工事が。。。。


が、ご当地映画ということ、また小林印刷の小林さんのご好意でなんとオーナーから許可が。
そして予定していた解体工事も延期にして頂きました。ありがとう池田さん、石垣さん。


僕は、いつも映画を作っている時にこうして人に支えられてきました。


本当にうれしかったです。

DVC00091.JPG


そして、撮影が終わりこれから、解体という家に入って行くと、
最初にこの建物に入った時とは違う風景が。

DVC00088.JPG

完全に子供のらくがき。

DVC00090.JPG

そして、障子に数々の穴。

誰がやったのかは、いうまでもありません。


ただ、この写真が、僕にとっては大きな財産でした。
映画の現場が、地域の子供達に愛された証だったからです。


いろいろなことがあった2ヶ月。

こうして振り返ると、本当にあっというまでした。


が、撮影が終わり、久しぶりに八広に行ってみると、
うれしいことが。


映画のスタッフが、小林印刷のお孫さんの誕生日に遊びに来ていました。
そして、みんなが僕らを受け入れてくれました。


かつて映画の撮影所や、数々の映画館があった墨田。


やっぱりまたご当地映画をやろうと思います。


がんばります。





















posted by 小林 at 22:49| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。